オリベストの創業は1966年。関連会社であるオリエンタルメタル株式会社へ「被覆鋼板用基材」を供給する製紙メーカーとして、
京都市で産声を上げました。以来、創業時から長年にわたり機能紙というニッチな分野で育って参りました。
創業当時から現在までに時代に合わせた変化を遂げてきたオリベストのあゆみをご紹介いたします。

昭和

世の中の動き

『高度成長期』を経て日本の産業が変化

高度経済成長期を経て、日本の産業は工作機械などの一般機械や自動車などの輸送用機械、家電製品や半導体などの電気機械の割合が高まりました。

1966

京都市南区東九条に資本金200万円で会社設立
1,300mm幅円網短網コンビネーション抄紙機を設置、
特許被覆鋼板用無機繊維紙の生産を目的として創業

1968

東京支店を開設

1973

滋賀県野洲郡野洲町三上に本社工場を移転
2,100mm幅特殊ツインワイヤー型抄紙機完成
広幅・長尺の無機繊維紙製造を開始

1973

大阪支店を開設

1977

G1号ラインの写真

2,100mm幅抄紙機完成(G1号ライン)
ガラス繊維紙・炭素繊維紙・セラミック繊維紙等の生産開始

G1号ライン

1979

倉庫棟、厚生棟増築完成

1982

加工工場完成

1984

G2号ラインの写真

2140mm幅抄紙機完成(G2号ライン)
ガラス繊維紙等増産開始

G2号ライン

1988

研究棟、本社事務所増築完成

平成

世の中の動き

バブル経済の崩壊と高度情報化社会へ

1991年から1993年のバブル崩壊とよばれる経済後退期を経て、高度情報化社会へ。
情報通信技術が急速に発展し、携帯電話やPC、インターネットが普及しました。

1990

G3号ラインの写真

2,280mm幅抄紙機完成(G3号ライン)
廃水処理設備改造(活性炭処理)

G3号ライン

1995

G4号ラインの写真

2,530mm幅抄紙機完成(G4号ライン)
第28回社団法人中小企業研究センター賞

(現「グッドカンパニー大賞」)・地域表彰を受賞

1997

第2倉庫棟完成

1998

大阪支店を本社に統合

2000

資材倉庫完成

2002

1260mm幅スリッター加工機完成のイラスト

1260mm幅スリッター加工機完成

2次加工

2004

ISO14001認証取得(認証番号JE0491A)

環境への取り組み

2006

本社事務所棟増築完成
精密分析室棟改築完成

2016

東京支店を本社に統合

2017

G5号ラインの写真

能登川工場完成
2,600mm幅抄紙機完成(G5号ライン)

令和

2019

ISO9001認証取得

オリベストの品質保証

世の中の動き

政府がカーボンニュートラルを目指すことを宣言

2020年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。

2020

本社・野洲第1工場外観

本社・野洲第1工場完成

本社・野洲第1工場

2021

G6号ラインの写真

2600mm幅抄紙機完成(G6号ライン)

G6号ライン

2021

M3号ラインの写真

1320mm幅円網短網コンビネーション抄紙機完成(M3号ライン)

M3号ライン

これからのオリベスト

品質で応える
機能紙の
トップメーカー

品質で応える無機繊維紙・機能紙のトップメーカーとして顧客満足の達成に取り組み、今後も社会に貢献してまいります。

recommend
contents

このコンテンツを見た後は…